サイナスリフト 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2021年7月20日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

上顎の厚みを増やす方法をサイナスリフト(上顎洞低挙上術)といいます。上顎の奥歯部分のインプラント治療では、上顎の骨の厚みが不足してあるためにインプラントを埋めることができないことがあります。このような場合は不足している骨を補うために上顎の歯肉を切開し、上顎洞に陣の骨や自負の骨を埋め込み、インプラントを埋入できるようなサイナスリフトという治療を行います。高度な技術と経験が必要になります。顎の骨に厚みがあり正常な骨に比べ、奥歯が失われ顎の骨が薄くなった状態になり、上顎洞が下に広がっているためインプラントが入れることができません。サイナスリフトの手術後、上顎洞の状態が安定するまで4~6ヶ月待ちます。安定したところでインプラント地理を行います。

マウスピース型矯正装置インビザライン