痛くない親知らずの抜歯

親知らずは抜くべきか?いいえ、違います

親知らず

「親知らずは抜くもの」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は親知らずは必ずしも抜く必要はありません。むしろ抜く必要がない場合は抜かないでおいた方が後々良いと言われているくらいです。

親知らずの抜歯をおすすめするケースについて

親知らずの抜歯ケース

親知らずが炎症を起こしている(智歯周囲炎)・炎症を繰り返す時

親知らずがまっすぐに生えず、隣接する歯との間に空間ができる事で汚れが溜まりやすくなります。その結果、細菌などが増殖して炎症を起こします。そのまま放置をしていると炎症が広範囲に広がり、痛みや腫れが悪化して行きます。一度炎症があった箇所は今後も繰り返す事が予想されるため、根本的な原因である親知らずの抜歯をおすすめする場合もあります。

親知らずが虫歯・歯周病になっている・なる可能性が高い時

親知らずは、正常に生えても奥歯ですのでお手入れが困難です。そのため虫歯や歯周病になる可能性が非常に高い歯です。虫歯や歯周病になった場合には、悪化して他の歯にも被害が及ぶ可能性があるため抜歯をおすすめします。

歯並び噛みあわせに悪影響を及ぼす時

親知らずが横向きに生えたり、斜めに生えたりした場合にとなりの歯を押しながら成長することになり、時間が経つにつれて徐々に歯並びや噛みあわせに悪影響を及ぼす可能性があります。将来的な歯列の乱れも考慮して、抜歯をおすすめします。

親知らずの周辺に嚢胞がある時

親知らずの周辺に嚢胞という病変が確認される時は、将来的なリスクも考え抜歯をおすすめします。レントゲン写真で親知らずの近くに影があった場合は高い確率で嚢胞です。

女性には妊娠前に親知らずの抜歯を推奨しています

妊娠前の女性にも、親知らずの抜歯を推奨しています。妊娠をするとホルモンのバランスが一時的に乱れ、その影響で親知らずが痛み出す事があります。通常なら処置を行えるのですが、胎児への影響を考えるとレントゲンや麻酔注射、鎮痛剤などは使用を控える事になり処置が行えないと言う事になります。当院では、そういったリスクを回避するため妊娠前に親知らずの抜歯を推奨しています。

※親知らずの現状がこのケースに該当しない場合は親知らずを抜く必要はありません。むしろ、残しておいた方が良いでしょう。

親知らずは抜かないで再利用できる(歯の移植)

親知らずもしあなたの歯が抜けたとします。親知らずを抜歯してしまっている場合の選択肢は、インプラントか入れ歯かブリッジです。いづれも人工のもので治療費も多くかかります。

しかし、ここであなたに親知らずが残っていたとして、健全な生え方をしていればその親知らずを抜けた部分に移植して天然歯を再生させることができるのです。

将来、このような移植のケースに利用することができるので親知らずの生え方に問題がないようであれば残しておくと良いでしょう。

親知らずを抜くときは痛い?いいえ、痛みは感じません

親知らず

親知らずの抜歯時には必ず麻酔を行います。この麻酔も表面麻酔や極細麻酔針を使用して痛みをほとんど感じません。(無痛麻酔に詳しくはこちらから

「親知らずの抜歯=痛い」というのは間違いで、抜歯をしたあとの痛みや、ドライソケットと呼ばれる現象には痛みを生じます。この場合は、痛み止めを処方しますのでご安心ください。

▼抜歯後の痛みとオペの長さは比例する

外科的処置を行なっておりますので、麻酔が切れたあとは痛みを生じます。しかし、これを最小限に留める方法があります。それは「できるだけ時間をかけずに抜歯を行うこと」です。

実は、抜歯にかける時間と痛みの大きさは比例するのです。スムーズに抜歯オペを行うことで、オペ後の痛みを抑えることができます。

すぎもと歯科ではオペ前のレントゲン診断や経験豊富なドクターによる抜歯により出来る限りスムーズに抜歯を行なっておりますので、どうぞご安心ください。

親知らず抜歯後に気をつける事

▼ドライソケットによる痛みについて

抜歯後にアゴの骨がむき出しになりますが、血がかさぶたのように固まり、蓋の役目をしてくれます。

これは通常のパターンですが、体質により血が固まりづらくかさぶたができにくい方がいらっしゃいます。蓋の役割をするものがないと骨がむき出しになり、痛みを感じます。

当院では、ドライソケットになりそうな患者様には蓋の役割をする歯科材を埋め込む処置を行います。

親知らずを抜いたあとの強烈な口臭について

親知らずを抜いた後は、抜歯した歯の空洞に食べかすなどが溜まる事で、細菌が繁殖して口臭がきつくなる事があります。傷が治癒すると臭いも収まりまりますが、当分の間はマスクを着用するか、気になるようでしたら歯科医院で汚れを除去してもらうことをおすすめ致します。歯磨きやうがいを頻繁に行なうと傷口の血餅が剥がれてドライソケットなるので気を付けましょう。

江戸川区で痛みを抑えた親知らずの抜歯を検討中の方へ

江戸川区で親知らずの抜歯

すぎもと歯科では、親知らずだからと言って抜歯をする事はせずに、将来の移植なども視野に入れた適切な診断を心がけています。親知らずが健康な状態を保てるように自宅でのケア方法もしっかりアドバイス致します。親知知らずの抜歯や移植についてご相談があれば、ぜひ一度当院へご来院下さい。

1日で白い被せ物に