顎関節症とその治療法

投稿日:2021年6月8日

カテゴリ:すぎもと歯科BLOG

口を大きく開けたり物を咬む時に痛みを感じる。もしくは顎の付け根付近で音がする。
その様な症状をお持ちの方がおられると思います。
それは顎関節症かも知れません。
顎関節症の治療法はまず顎の位置を修正する装置で不快な症状を和らげます。顎の関節やその周囲に異常があると、顎が痛い、口を開くと音がする、口が開かないと言った症状かま起こる事があります。
これが顎関節症です。顎関節症の治療とは、かみ合わせがずれると、ずれを調整しようとする動きがその筋肉や顎の関節に負担をかけます。それが、痛みやこり、開口のトラブルといった症状になって現れます。
これらの症状が激しい時、上下それぞれの歯列に合わせて作った半透明のマウスピース状の装置を歯列にはめ、噛み合わせのずれを修正します。それにより顎のこりや周りの筋肉の緊張がゆるんで痛みやこりが軽減します。治療の装置は、虫歯で歯のつめ物などに使うレジンというプラスチックで作ります。噛み合わせを修正する設計で作ります。
気になる症状がおありの方はまず歯医者さんで相談してみましょう。

マウスピース型矯正装置インビザライン