ドライソケット 篠崎 歯医者

投稿日:2021年3月31日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんにちは!本日はドライソケットについてお話ししたいと思います。

ドライソケットとは、抜歯後血が十分に出なかったり、できかけの血の塊が取れてしまうなどして骨に直接刺激があたり、炎症を起こした状態を言います。ズキズキと大変痛みます。

私たちの体は外傷ができると出血します。その血が固まってかさぶたになり、患部を覆って治っていきます。抜歯の際も、抜歯した穴に血が溜まって「血餅(けっぺい)」というゼリー状の塊となり、外部からの刺激や細菌の侵入から露出した骨を守ります。やがて傷口の穴は自然にふさがって治ります。

出血量が少なすぎたり、できかけの血餅が取れてしまうと、刺激は骨に直接あたります。
この刺激で抜歯したところが炎症を起こすと大変痛みます。
この状態が「ドライソケット」です。
2~5%の確率で起こる偶発症で、治まるまで2~3週間かかります。

このような状態にならない様にする為に抜歯後、頻繁にうがいをするのは止めましょう!うがいのし過ぎは、ドライソケットになる原因のひとつです。
その他伝えられた注意事項をよくお守りください。

■ 他の記事を読む■

マウスピース型矯正装置インビザライン