歯磨きの回数って? 篠崎 歯科

投稿日:2020年11月3日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは!

11月に入り、日に日に寒さは深まるばかりですが、皆さんは風邪をひいていませんか?
私は最近、空気の乾燥、身体の乾燥がひどく毎日保湿クリームが欠かせません。
喉の乾燥には、適度な水分補給と蜂蜜レモンをお湯に入れて飲んでいます。

お口の乾燥は、口腔内の菌を活発化させてしまう原因になり、
流行しているコロナウイルスやインフルエンザウイルスの侵入を容易にさせてしまいます。
その為にお口の中をしっかり清潔にしておくことは大切です。
では、最適な歯磨きの回数とは一体何回でしょうか?

実は最低でも2回は必要です。その2回とは、
①起床後、朝ご飯を食べる前に磨く②就寝前に磨くです。

①の理由は、寝ている間はお口の中の唾液分泌が低下します。そうすると、お口の中が乾燥しやすくなり、菌が活発化してしまうのです。
この状態のまま、ご飯を食べてしまうと菌が食べ物と一緒に体の中に運ばれてしまいます。
②の理由は、一日分の食べかすや汚れをしっかり落とすことで、寝ている間の菌の活動を抑えることができます。
やっぱりその日の汚れはその日に落とすべきですよね。

理想は毎食後の歯磨きも必要です。ただ日本人は忙しいので、難しいと思います。
歯磨きができないときは、うがいやマウスウォッシュを使用することで菌の活動を抑えることができます。
お口の中を清潔にして、感染予防をしていきましょう!

■ 他の記事を読む■

1日で白い被せ物に