ステファンカーブについて 篠崎 歯科 

投稿日:2020年8月23日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさんこんにちは。まだまだ暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?
今日はステファンカーブについてお話しします。ステファンカーブとは、歯垢中のpH濃度を飲食後から測定したものです。普段のお口の中はpH6.8の中性になっていますが、飲食をすることで酸性にかたむいてしまいます。しかし、通常は唾液の緩衝作用により中性に戻そうとします。これにかかる時間は20分から1時間と言われています。そのため、食べ物をだらだら食べてしまうと常にお口の中が酸性の状態となり、中性に戻る時間がないため初期虫歯が発生しやすくなってしまいます。
チョコレートやアイスクリームなど甘いものはもちろん、今の時期によく飲まれるスポーツ飲料も時間を決め、メリハリをつけて楽しみましょう!

1日で白い被せ物に