親知らずについて 篠崎歯科

投稿日:2020年8月20日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは!
まだまだ暑い日が続いています。体調管理には気をつけましょう!では、本日は親知らずについてお話しようと思います。まず親知らずとは、永久歯が生え揃った1番奥の第三臼歯のことを言います。親知らずが原因で歯や歯肉が炎症を起こすことがあります。炎症が悪化した場合は抜歯することもあります。親知らずが抜歯される時は、1.埋伏智歯です。歯は支えがないと前や上に伸びてしまいます。そのせいで、前方の第2臼歯を圧迫して歯列に影響し、歯並びが悪くなるので、抜歯することがあります。2.智歯周囲炎です。歯は、生えてくる途中は歯肉がかぶさっており、手入れ不足で虫歯や炎症を起こす場合があります。親知らずは特に一番磨きにくいので、炎症が広がりやすいです。そのため、感染が起きると顎の腫れや、喉の痛み、発熱など激しい症状がおきます。こういう時は、抜歯します。軽く考えずに早めに受診して下さい。将来のために今から歯を大切にしましょう!今生えている親知らずは、しっかりケアをして病気にならないようにしましょう!また、生えていない親知らずも、問題を起こさないなら抜歯をせずに保存しておきましょう!

1日で白い被せ物に