歯がしみて痛む「知覚過敏」 篠崎 歯科

投稿日:2019年8月26日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんにちは。
本日は、「知覚過敏」についてお話します。
冷たいものが歯にしみる、歯ブラシがあたると痛むという症状で困ったことはありませんか?
これは、歯の表面のエナメル質やセメント質が剥がれ落ちて象牙質が剥き出しになり、外の刺激が象牙細管(象牙質の中の細い管)を通じて歯の神経に直接伝わるためにおこります。

<知覚過敏がおきる原因>

・過度な負担や圧力

・歯周病

・歯磨きのしすぎ

・老化

などで、歯肉が下がってしまうことが原因です。

<処置の方法>

・ブラッシング指導…適度な力による正しいブラッシン グ方法を身につけていただきます。

・噛み合わせの調節…噛み合わせが悪いと歯に無理な負担がかかってしまうので、噛み合わせを調節します。

・修復…歯の表面へのコーティングや、くさび状に欠けた部分に詰め物をする、などにより外からの刺激を遮断します。

食事の際、歯がしみてしまっては楽しい食事も、痛く辛いものとなってしまいます。
正しい歯磨きの方法を知ることや、そのままにせず治療をすることで、美味しく、楽しい食事になるのではないでしょうか。

1日で白い被せ物に