根の端の病巣を取り除く治療  篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2019年2月6日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

たまったうみを外科手術で除去します。むし歯や歯周病で根の感染が広がったとき、根の端に病巣ができてうみがたまることがあります。うみは歯の根の治療をしてとり除きますが、悪化しているとそれだけでは治りません。また、歯の根の端に残ってしまったうみが、再び溜まることもあります。このようなとき、根の端にある病巣部分を取り除く外科手術を行います。歯根端切除術。○歯肉を切り開いて歯を支えている歯槽骨に穴をあけ、溜まったうみと細菌に感染した歯根端を切除します。歯根のう胞切除術。○病巣を取り除いてきれいになった根管に、細菌などが入らないように根管充填材をつめ、歯肉を縫ってふさぎます。少しでも歯を残せる方法があるなら、あきらめずに、先生に相談をしてみて下さい。

1日で白い被せ物に