シーラントで虫歯予防できる?篠崎 歯科

投稿日:2018年6月13日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんはシーラントってご存知ですか?
簡単に申し上げると奥歯の溝をプラスチックで埋める処置になります。
なぜ必要かというと奥歯は噛み合う面に細かい溝があり、そこに食べカスやプラークが溜まって虫歯になる可能性が高いので、シーラントをすることで虫歯予防に繋がります。
基本的には生えて間もない第一大臼歯(六歳臼歯)や乳歯の奥歯に行いますのでお子様がメインの処置になります。
生えて間もない歯は歯自体が弱く、しかも奥歯で磨きにくいところですので虫歯から守るために必要な処置です。
ただ虫歯の予防はシーラントだけでは十分ではありません。
生活習慣を正すことや毎日のブラッシング、フッ素塗布、歯科医院での定期検診が大切です。
また全ての方がシーラントが必要な訳ではありませんので、気になる方は歯科医院へ受診されることをおすすめします。

1日で白い被せ物に