乳歯のお話 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2018年2月6日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさん、こんにちは。
空気の乾燥が気になります。
水分補給をしっかりして、乗り越えていきましょう。

今日は、乳歯のお話です。
乳歯は、生後6カ月ごろから生え始め、2歳半から3歳くらいまでに、上下合わせて20本が生えそろいます。
お母さん、乳歯はどうせ抜けてしまうから、少しくらいムシ歯になっても大丈夫、なんて思っていませんか。
もし、乳歯がムシ歯のために早く抜けてしまうと、噛むことができず、体の正常な発育がおこなえません。
乳歯の役割は、食べものを噛む、発音を助ける、顔の形を整え顎の発育を助ける、永久歯が正しい位置に生えてくる目印になるなど、とても大切なのです。
特に、6歳まではお口の中はとても変化する時期なので、子どもと一緒にムシ歯にならないよう心がけましょう。

1日で白い被せ物に