歯の脱臼 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2018年1月12日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんな時はできるだけ早く受診して下さい。歯の脱臼とは怪我や事故などの衝撃によって、歯が顎の骨から完全に抜け落ちたり、歯が顎の骨の中でグラグラすることがあります。このような状態のとき、歯を顎の骨に固定している歯根膜は断裂してしまいます。これが歯の脱臼で、歯がすっかり抜け落ちる完全脱臼と歯根膜の一部が切れている不完全脱臼があります。治療方法としては、歯根膜が生きていれば、治療によって歯を助けることができます。しかし、歯根膜が死んでしまうと抜歯になります。歯根膜にダメージを与えないようにして、なるべく早く受診して下さい。動くときは触らず安静にし、抜け落ちたときは、歯の根の部分を触らずに軽く水洗いをして、牛乳に浸して歯医者に持って行って下さい。

1日で白い被せ物に