シーラントをしましょう 篠崎 歯科

投稿日:2017年12月15日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

こんにちは。

六歳くらいで奥歯に永久歯が1本新たに生えてきます。
これを第一大臼歯といいます。
六歳臼歯、とも呼ばれている歯です。

一番奥に生えてくる為、歯みがきが十分にしにくく、
また、生えたての歯は歯質がまだ弱く、大変むし歯になりやすい歯です。

乳歯に比べて歯の溝が深いことも多く、これもむし歯になりやすい理由の一つです。

そこで歯を守るために行うのがシーラントです。

あらかじめこの溝をプラスチックの材料で埋めて、溝を浅くし、
磨きやすい形態にする処置です。

気を付けて頂きたいのは、シーラントをしたからと言って
むし歯にならない、というわけではありません。
毎日のブラッシングや定期検診はとても大切です。

三カ月に一度は定期検診におこしください!(*^_^*)

1日で白い被せ物に