仮歯と治療上のご注意 篠崎 歯科

投稿日:2017年10月25日

カテゴリ:ドクターズBLOG

歯を削り型をとった後に最終的な補綴物が出来るまでの間仮歯を入れます。仮歯の役割は、治療中の歯を保護し型をとった時の歯列を安定させることです。
仮歯装着中の注意事項としては、入れた直後は30分は飲食を控える事、粘着性の物、固いものを控える事。外れたり壊れたりしたら連絡して頂くこと。仮歯は一時的なものの為最後まで治療を受けていただく事です。
仮歯を入れた状態での放置は虫歯や歯周病の進行を助長する可能性がありますので、注意が必要です。
やむをえない状況で診療を中断しなければならない場合は必ずドクター、またはスタッフにご相談ください。

1日で白い被せ物に