歯髄が死んでいる根の治療 すぎもと歯科

投稿日:2017年10月18日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

病巣を治して歯を救います。むし歯や歯周病が悪化し、歯髄全体が死んでしまうことがあります。このままの状態で放置すると、根先端から周囲の組織(歯根膜)に感染がひろがってしまいます。それを歯根膜炎といいます。また、一度治療したはずの歯の根に細菌が侵入し、根の先端に病巣ができてしまうことがあります。このようなときには、死んだ歯髄を完全に取りのぞいて炎症を鎮める感染根管治療を行います。死んだ歯髄を完全に除去し、根を拡大、広げながら清掃と消毒を繰り返します。病巣があるときは薬の交換して治します。根の中がきれいになったら、薬剤を入れて周囲えの感染を防止します。残った根に土台を立てて、被せ物を修復治療が終わります。

1日で白い被せ物に