知覚過敏について すぎもと 篠崎歯科

投稿日:2016年8月3日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさんこんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?

今回は知覚過敏についてのお話です。

皆さんは冷たい物が歯にしみる、ブラッシング時に歯が痛むという症状で困ったことはありませんか?
これは、知覚過敏の症状です。
歯の表面の歯質が一部剥がれたり、欠けてしまうことで象牙質という部分が剥き出しになり、刺激が神経に伝わり易くなるために起こります。原因としては、過度な負担や圧力、また歯肉が下がることで起きやすくなります。

改善の為には、
・ブラッシングの圧がかからないよう、適度な力による正しいブラッシング法を身に付けていただく
・噛み合わせの負担を減らす為の調整
・歯の表面へのコーティングや欠けた部分に詰めものをする

があげられます。症状でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください☺︎

1日で白い被せ物に