子供の虫歯について 篠崎 歯科医院

投稿日:2021年5月4日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは!
今回は子供のフロスについてお話していきます。
子供も大人と一緒で歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは完全に取りきれません。
特に歯と歯の間は汚れも溜まりやすい所で虫歯になりやすい所になります。
実は私の息子は4歳で虫歯ゼロでしたが、つい先日まさしく歯と歯の間に虫歯ができてしまいました。
毎日の歯磨きにキシリトール摂取は必ずしていましたがフロスは毎回していませんでした。

それからは毎回フロスをするようにしています!

フロスを通すときは力いっぱい入れると歯茎を傷つけてしまうおそれがあるのでゆっくり横に動かしながら歯と歯の間に入れましょう。
フロスが入ったら両隣の歯に何度か擦りよせましょう。
取り出す時もゆっくり横に動かしながら取り出しましょう。
フロスを通す時はお子様だけでしないように注意して下さい。

またフロスが歯に引っかかったり、ほつれたりする場合は虫歯ができている事や詰め物が欠けている可能性もあるので相談するようにしましょう。

■ 他の記事を読む■

マウスピース型矯正装置インビザライン