バイオフィルムって何? すぎもと歯科 篠崎

投稿日:2017年3月18日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさんこんにちは。

今回はバイオフィルムについてです。

この言葉、聞いたことございますか?

まず、プラーク(歯垢)は食べ物のカスを媒体としてお口の中の細菌が集まってできた細菌の塊で、
これはブラッシング、歯間ブラシやフロスで落とすことのできるものです。
ちなみにうがいでは落とすことはできません!

ではバイオフィルムとは。。。

わかりやすく言うと、台所やお風呂場に出来てしまうヌメリ、あれがバイオフィルムです。
それと同じ事がお口の中でおきるということなんです。

バイオフィルムもお口の中の細菌の細菌の集合体ですが、
時間が経つことで名前の通り、フィルム(膜)を形成します。
これがヌメリの正体で、
膜があると、以前書いたようなだ液による抗菌作用や、抗菌剤による殺菌が期待できなくなります。

バイオフィルムで厄介なのが、日頃から行っているブラッシングだけでは落としきれないということです。
台所のヌメリも強くこすったり、専用の洗剤や薬品を使わないと落とせないですよね。

バイオフィルムはポケットの中にも形成されるため、歯ブラシは届き切りません。
その為、バイオフィルムを除去するには、歯科医院で機械的に落とす必要があるのです。

プラークとバイオフィルムの違いはご理解いただけたでしょうか。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください(^^♪