8020運動と噛ミング30

投稿日:2015年4月23日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

8020運動とは、

80歳で自分の歯を20歯以上保とうということです。

総入れ歯での食品の食べやすさをA〜Eで評価し、Eランクの酢だこ、古たくあんを噛める者が18歯以上保有することが必要という根拠スタートしたものです。

噛ミング30(カミングサンマル)とは、

ひとくち30回以上噛んで食べることを目標として、十分に歯、口を使う「食べ方」を通じて国民の健康増進を図ろうというものです。

よくかむ事によって

①肥満を防ぐ→生活習慣病の予防になる。

②唾液の分泌を促→う歯や歯周病の予防のほか、唾液の作用いろいろ。

③口周りの筋肉が鍛えられる→言葉の発音がはっきりする、表情が輝く。

④脳の働きが活発になる→脳の血流がアップし、記憶力、集中力 などが高まる(寝たきりや認知症の防止にも)。

皆さん、物をよく噛んで食べましょう。

 

■ 他の記事を読む■