抜歯が必要なとき 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2021年6月22日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

口の健康を守るために抜歯をします。歯をぬかない、削らない治療を心がけていても、将来のお口の健康を守るためには、どうしても抜歯をしなければならない場合があります。こんなときは抜歯をします。〇残せないほどひどいむし歯のとき、歯根の先端に病巣が、でき感染が広がる恐れのむし歯や、根しか残っておらず歯髄も死んでしまっている歯。〇歯周病が進行し、残せないとき歯を支えてる骨が溶けるほど進行し、周囲の健康な歯や歯肉に炎症が広がるおそらくがある歯。〇歯にひびが入り修復できない歯、噛む力に耐えることができず、周囲の歯や歯肉に負担をかけて炎症を起こす原因となる歯。〇歯肉に埋まっている歯、ねじれて生えている歯は噛み合わせを悪くし、周囲の健康や歯肉に悪い影響を与えるます。

マウスピース型矯正装置インビザライン