食べれる事と噛めること 篠崎 しか

投稿日:2021年5月23日

カテゴリ:未分類 歯科衛生士BLOG

暑くなったり雨が降ったりとなかなか天気が安定しない日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今日は噛む事のお話をします。
10代の頃のようにいかない20代、20代の頃のようにいかない30代…と年齢を重ねるにつれて衰えを感じるようになてきますよね。
なので皆さん筋トレしてみたりサプリメントを飲んでみたりとなるべく快適にすごしていくために努力されていると思います。

では口はどうですか?
噛むって歯があるだけでは駄目なんです。その周りの筋肉が凄く大切になってきます。口周りや舌も筋肉です。どこかが衰えるとむせたり、硬いものが食べづらいなど不具合が出てきます。
なので食べられるからといって噛めてるかは実はわからないのです。

体の資本は食べ物から。3大欲求でもありますよね。
今すぎもと歯科ではお口の中が低下してないか調べる検査をする事ができます。
気になる方はお声がけください。

マウスピース型矯正装置インビザライン