歯ぎしりや、くいしばりについて すぎもと歯科

投稿日:2020年12月22日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは。
寒い日が続いています。体調管理には気をつけましょう!本日は「歯ぎしり」や「くいしばり」についてお話しようと思います。皆さんは「歯ぎしり」や「くいしばり」をしていませんか?歯の先端をカチカチ接触させる、といった無意識に行う運動のことです。 症状が酷いと、歯の周りの組織に過重な負担がかかり、歯や歯肉やあごの骨といった組織が破壊されます。歯ぎしりや、くいしばりをすると、歯が磨り減ったり、歯肉が炎症を起こしてしまったり、力で歯が割れたりします。そして、そうすることで歯並びが悪くなったり、噛み合わせの不正や、鼻やのどの炎症などを起こしてしまいます。歯ぎしりくらいと軽く考えずに、歯科医師にご相談下さい。

1日で白い被せ物に