歯ぎしりやくいしばり 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2020年11月20日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

歯ぎしりやくいしばりをしていませんか?歯ぎしりやくいしばりは、歯の先端をカチカチ接触させるといった無意識に行う運動がブラキシズムです。ブラキシズムでは、歯や歯を支える組織(歯肉やあごの骨)にふつうに噛むときの2倍以上の力がかかるといわれています。そのため症状がひどいと、歯の周りの組織に過重な負担がかかり、歯や歯肉やあごの骨と言った組織が破壊されます。歯ぎしりくらいと軽く考えず、かかりつけの先生に相談してください。こんなトラブルがおきます。歯が磨り減ります。歯肉が炎症を起こして歯周病が進行します。力で歯が割れます。あごの関節に影響し顎関節症をおこします。原因としては、歯並びの悪さ。噛み合せの不正。鼻や喉の炎症。筋肉の緊張を伴う病気。精神的緊張や筋肉の的ストレスなどがあります。

1日で白い被せ物に