治療中断のリスク 篠崎 歯科

投稿日:2020年10月15日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

治療の途中だったけれど忙しくて通えなくなってしまった、予約を忘れていてそのまま通わなくなってしまった…など、治療を中断している方はいませんか?
治療の途中でそのままにしてしまうと、様々なトラブルに繋がります。

例えば神経を抜いた歯をそのままにすると…。歯の内側は外側のエナメル質よりもやわらかく弱いので、神経を抜いた歯を放置しておくと虫歯リスクが高まります。また、神経を抜いた歯は痛みを感じにくくなるため、虫歯が進行しても気づけずに抜歯になってしまうことも…。

被せ物の型を取った後で放置してしまうと…。時間の経過とともに咬み合わせは少しずつ変化してしまうので、被せ物の型を取ってから装着するまでに時間がかかると、被せ物が合わなくなることがあります。つくり直すとなるとさらに費用がかかりますし、合わない被せ物は虫歯を招く原因になります。

このようにせっかくの治療がやり直しになってしまうので、ぜひお時間をつくっていただいて治し、定期的な検診にいらしてください。

■ 他の記事を読む■

1日で白い被せ物に