抜歯が必要とき 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2018年12月8日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

お口の健康を守るために抜歯をします。歯を抜かない、削らない治療を心がけていても、将来のお口の健康を守るためには、どうしても抜歯しなければならない場合があります。(必要な処置であることをご理解ください。)こんな症状のときは抜歯になります。残せないほどひどい虫歯になってしまったとき○歯根の先端に病巣ができ感染が広がる恐れのある歯や、根しか残っておらず歯髄も死んでしまっているようなは抜きます。○歯周病が進行し、末期的状態の歯で、歯を支えている骨が溶ける歯周病が進行し、周囲の健康な歯や歯肉に炎症が広がる恐れがある葉です。○歯にヒビが入り修復ができず噛む力に耐えることもできず、周囲の歯や歯肉に負担をかけて炎症をおこす原因となる歯は抜きます。乳歯から永久歯へ生えかわりのときに歯並びの悪影響があるときや、矯正のために抜歯が必要なときは歯をぬきます。

1日で白い被せ物に