MⅠ治療とは?         篠崎・歯科

投稿日:2018年11月23日

カテゴリ:ドクターズBLOG

MIとは、Minimal Interventionの略で、最小の侵襲で最大の効果を得るために考えられた、人にやさしい虫歯治療法です。今までの治療法では、詰め物が外れないように、虫歯でないところまで大幅に削ってました。そのためその部分に再び虫歯ができると、更に大きく削ることとなり、やがては神経を取るという悲しい結末になる可能性がありました。
そして、歯の表面のエナメル質は、一度削られると二度と再生できない組織です。そこで、今あるエナメル質を出来るだけ削らずに保存し、生まれ持った歯を残して歯の寿命を出来るだけ長く伸ばそうという思想から登場したのが、MI治療なのです。
MI治療では、基本的に虫歯の部分だけを削り、空いた穴は「接着性レジン」という材料で緊密に埋めます。「接着性レジン」とは、歯と同系色のプラスチックで、歯と接着剤で一体となる優れた素材です。
MI治療は、今までより虫歯の削る量を大幅に減らし、しかも治療後は虫歯になりにくく歯が長持ちします。さらに少ない回数で治療が完成するため経済的にもメリットがあり、見た目も美しいです。
ただし重症化したむし歯では適用できないので、虫歯予防に努めて積極的に定期健診を受け、虫歯を早期発見できるように心がけることが大切です。

1日で白い被せ物に