篠崎 歯科 健康な歯

投稿日:2018年11月18日

カテゴリ:未分類

皆さんこんにちは!今日は虫歯についてお話します!お口の中にある虫歯菌(ミュータンス菌)は、砂糖を分解して歯にくっつくネバネバした歯垢を作ります。その歯垢の中で、虫歯菌が仲間を増やして糖から酸を作ることで、歯が溶かされて虫歯ができるのです。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいませんが、周囲の大人からのスキンシップから虫歯菌がうつり、お子様が虫歯に感染してしまうと考えられています。虫歯菌への感染時期を遅らせると、将来虫歯ができにくくなるという報告もあります。今お子様を虫歯から守ることは、将来のお子様のお口の健康を守ることにつながるのです。また、乳歯から永久歯に生え変わる際の新しい永久歯は凹凸があり虫歯になりやすいと言われています。虫歯にならないように、シーラントという詰め物をつめて虫歯予防をするという方法もあります。
この機会にご家族で虫歯予防やお口の健康管理を見直してみてはいかがでしょうか。

1日で白い被せ物に