季節の変わり目は古傷が痛む 篠崎 歯科

投稿日:2018年6月13日

カテゴリ:未分類

みなさま、お口の中の調子はいかがでしょうか?
とうとう、梅雨入りの宣言がでてしまいましたね。

雨がしとしと…と、降りやまない季節ではありますが、季節に変化があるときは何だか体調がすぐれない…昔に負った傷が痛む…。
なんてことはありませんか?

気圧の変化だったり、夏であれば冷房、寒暖差からのストレスなどで体調不良が起こったり、疲れることで免疫力の低下などが起こります。

それは、体調の変化だけではなくお口の中の変化としても現れることがあります。
今まで痛んでいなかった歯が痛んだり、浮いた感じがする・重たい感じがする等…。
お口の中はとても繊細なのです。

何か少しでも違和感を感じたときは、歯科医院の早めの検診を心がけましょう。

1日で白い被せ物に