お子様の虫歯予防に 篠崎 歯科

投稿日:2018年4月16日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

最近、風の強い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今日は、お子様のむし歯予防のお話です。
フッ素は、よく聞く言葉だと思いますが、
シーラントという言葉は、ご存知でしょうか。

このシーラントも、お子様のむし歯予防の治療の一つなのです。主に奥歯に行います。
奥歯は噛み合う面に細かい溝があり、ここに食べカスやプラーク(歯垢)がたまってむし歯になります。
そこであらかじめ溝をプラスチックで埋める「シーラント処置」をします。

生えて間もない第一大臼歯(6歳臼歯)一番奥に生えてきて、歯みがきが十分にしにくく、しかも歯自体もまだまだ弱く、大変むし歯になりやすい歯です。
そのため、むし歯から守るためにシーラント処置が行われます。しかし、シーラント処置は、長い間にはがれてしまいます。定期検診で必ずチェックし、処置をやり直しておきます。

シーラント処置も、むし歯からお子様の歯を守るひとつの手段です。それだけではなく、生活習慣を正すことや毎日のブラッシング、定期検診なども必要です。
日常のお手入れ時にもフッ素を活用するなど、ご家庭でも積極的な予防に努めましょう。

1日で白い被せ物に