歯の移植 自家歯牙移植 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2018年4月8日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

歯を抜いたところに自分の歯を使って植え替えることを移植といいます。自家歯牙移植とは、むし歯や怪我で歯を抜いたとき、抜けたところに自分の歯を移植する治療=自家歯牙移植をすることがあります。歯の移植を成功するあめには、歯の根をとりまいている歯根膜が生きていなければなりません。移植するときは歯根膜を傷つけないように歯と一緒に抜いて植え込みます。歯根膜の生死が歯の移植の成否を決めます。どんなときに移植をするのかですが、臼歯が一本失われたときに行います。健康な親知らずがあれば、それを移植します。例えば右下6番目の歯が抜くことになったとき、条件が良ければ奥歯の後ろにある親知らずを抜いて抜いた6歯目のところに移植します。移植後は骨と移植した歯の経過観察が大事です。

1日で白い被せ物に