寒さと歯 篠崎 歯科

投稿日:2018年2月15日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

寒い日が続きますね!私は暑さは平気なのですが寒さには弱く、カイロが手放せません。

私はもちろんですが、皆さんも、あまりの寒さに全身に力が入り、ぎゅっと縮こまってしまうこと、ありますよね。
この時、実は寒さに耐えるために無意識に思い切り歯を食いしばっているそうです。
夜寝ている間も、寒さから長時間強く食いしばることがあり、翌日虫歯のような歯の痛みなどの症状が出ます。
例えば、歯が削れたり、亀裂が入ったりすることで知覚過敏になったり、歯がグラグラしたり、肩こりになったりします。
ただ、虫歯が外の冷気でしみる場合もあるので、「痛い」「しみる」といった症状が出たらまずは歯医者さんへかかりましょう。
もし虫歯なら、放置すれば最悪神経を取らなくてはならなくなるかもしれません!

インフルエンザが流行っていますので、歯も体もご自愛くださいませ。

1日で白い被せ物に