歯ブラシの行き先 篠崎 歯科

投稿日:2018年1月16日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さん、普段使っている歯ブラシを新しいものに交換した後、古いものはどうしていますか?
捨てる方が多いかと思いますが、個人的にはお掃除に使うのもいいと思います。
ちょっと視点を変えて、年に一度納めてみるのはいかがですか?

東京都文京区にある白山神社では、毎年6月の上旬から中旬頃にアジサイ祭りが開催されます。
その期間の日曜日に、なんと歯ブラシの供養を行っているそうです。
白山神社は「はくさんさま」と呼ばれ、虫歯の痛みにご利益があると伝えられています。
昔は、歯の治療ができるのは一握りの権力者だけ…一般庶民は歯が痛んだら神頼みするしかありませんでした。
この白山神社のように、歯の痛みにご利益のある神社は全国各地に多数存在します。
このことから、多くの人々が歯の痛みに悩まされていた、ということが推察できます。

誰でも簡単に治療を受けられる今日ですが、たまには日頃お世話になっている歯ブラシへの感謝の気持ちを持ちたいものです。

1日で白い被せ物に