仮歯のまま放置は大変!すぎもと歯科

投稿日:2017年11月29日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんにちは!
みなさんは仮歯を入れたことはありますか?
仮歯とは、被せ物を被せるため歯を削った際に、一時的に見た目を元に戻すものです。手軽で見た目も良いため、よく作られます。しかし仮歯はプラスチックの樹脂で出来ているので、あくまで一時的であり、長期間の使用には素材的に耐えることはできません。
仮歯は時間が経過すると、次第に磨り減ります。磨り減ってしまった部分は、歯の移動によって補正が起こり、かみ合わせ面のせっかく被せるため削ったスペースが、どんどん失われます。
改めて治療を開始した時点では、スペース不足のため、追加で歯を削ることとなり、特に歯の神経をギリギリで保存した場合など、歯の神経を残せなくなってしまうこともあります。
痛みもなく、見た目もきれいだからと治療を中断せず、最終的な被せ物が入るまでしっかり通いましょう。

1日で白い被せ物に