歯科インプラント

投稿日:2017年6月21日

カテゴリ:すぎもと歯科BLOG

歯科インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の人工歯(インプラント)を埋め入れて、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことをいいます。失った歯の部分を治療しますので、周囲の歯に負担をかけることがありません。また、これまでにあった歯と同じような役割を果たしますので、噛む力を分散させ、残っている自分の歯を守ることにもなります。
また、この治療法は、歯茎を切って顎の骨をさわる外科手術を伴うため、他の歯科治療よりもカウンセリングや診査・診断に時間をかけることが一般的です。入れ歯やブリッジに比べ、他の天然歯に負担をかけないことが、最大のメリットであり、歯が1本だけない場合から全部ない場合まで広く適用できます。高度な技術を要するため高度先進治療とされ、保険は適用されません。

1日で白い被せ物に