痛くないための麻酔

投稿日:2016年11月8日

カテゴリ:ドクターズBLOG

虫歯を取るって痛いイメージ、みなさんお持ちじゃないですか?

その痛みをとるために、麻酔が必要です。

でもそもそも、その麻酔が痛いなんて経験みなさんないですか?

すぎもと歯科では、治療の際の局所麻酔(いわゆる注射)の痛みを極力少なくするために様々な工夫を凝らしています

例えば、痛みを和らげるために麻酔の前に表面麻酔を塗布します

次に、注射には極小の針を使います

細い針を迅速に入れることで痛みを少なくすることが出来ます。強い圧力で麻酔薬が注入されると、組織が剥がれ痛みを覚えやすいので電動注射器を用いて薬の注入されるスピードをゆっくりと一定に保ちます

また、麻酔薬が冷えてていると人の体温と差が出てしまい、痛く感じやすいので使う直前に温めておきます など、細かいことですがいろいろなことを行なっております

痛みに弱い方、歯科医院は痛くて怖いので受診を躊躇っていらっしゃる方 一度すぎもと歯科までご相談くださいね。

丁寧に診察させていただきます。

 

1日で白い被せ物に