あと少しの辛抱 篠崎 歯科医院

投稿日:2015年6月5日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆様の中には、治療の途中でお口の中に仮の歯を入れた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか??

仮歯とは…歯を削り型を採った後に最終的な補綴物が出来るまでの間や根っこの治療中など、比較的長くお時間がかかる場合に入れるケースが多いです。

仮歯の役割は、治療中の歯を保護し歯列を安定させておく事で、見た目も自然でお食事や会話にも困りません。ただし弱点もあります。あくまでも仮の物になりますので、次の治療で外せる様に軽く固定しており外れやすい物です。また…粘着性の物や固い物に弱く、素材の性質上清潔な状態を長期間保つ事が難しい事もあります!

治療をしっかり終えて最終的な補綴物が入るまで、お時間のかかる方もいらっしゃるかもしれませんが…諦めずに最後まで継続的に治療をしていきましょうね!

1日で白い被せ物に