ヘルスプロモーション型歯科医院 篠崎 歯医者 すぎもと歯科

投稿日:2015年5月26日

カテゴリ:ドクターズBLOG

5月21日(木)愛知県愛知郡東郷町でご開業の武藤先生のセミナーに参加してきました。武藤先生は、まだお若く38歳との事でしたが、とてもしっかりしていて、親子間の事業継承という大きな壁を苦労しながら上手に乗り越えようとしています。私は一代目ですからまだそういう悩みはないのですが、いずれ同じような事で悩む時が来るのでしょう。

武藤先生は言っていました。「100年続く歯科医院ではなく400年続く歯科医院にしたい」と。世間一般的には100年続く会社は0.002%だそうです。それだけに会社を長く存続させることは大変な事なのです。では、なぜ、それだけ長く続く歯科医院を作りたいのか?それは患者さんを安心させたいからだと武藤先生はおっしゃっていました。

患者さんだけでなく、そこで働く従業員にとっても安心して働ける医院があるというのは有難いことなのでしょう。

ところで、ヘルスプロモーション型歯科医院とはどんな歯科医院の事を言うのでしょう?

皆さんが自分の力で健康(ヘルス)を促進(プロモーション)出来るお手伝いを歯科医院(クリニカル)を通じて行っている医院の事を言います。要は歯科医院側が主導で医療を患者さんに押し付けるのではなく、患者さん自ら自分の健康をコントロールし、改善することができるように導いてあげる、そういう取り組みをしている医院の事を言います。

歯科医院のみが患者さんの健康管理をしているのではなく、患者さんが自分の力だけで健康を管理するものでもない、コミュニケーションを重視しながら協働する、新しい医師ー患者関係が当たり前の時代になりそうです。

この日のセミナー後の懇親会は新宿で2時まで行われました。ほとんど初めてお会いする先生達ばかりでしたが、皆、とても熱く、私もとても刺激を受ける事ができ、有意義な時間を過ごすことが出来ました。次回も必ず参加します。武藤先生、遅くまで有り難うございました。

 

 

1日で白い被せ物に