義歯の粘膜調整 すぎもと歯科

投稿日:2017年6月9日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

入れ歯が合わないときは、調整をしてなれていきます。時間が経つうちに顎の骨の衰えや歯肉が痩せるなどして、口に合っていた義歯も合わなくなってくることがあります。または、義歯を使わずにずっとそのままにしていると義歯が合わなくなってしまうこともあります。合わない義歯は、義歯と顎の歯肉の形が合わなくなっています。そのまま使い続けると、床と歯肉の隙間に食べ物が挟まって痛くなったり、噛んだり話したりすることで義歯が動き、床があたった粘膜に炎症がおきて痛くなります。義歯が合わなくなってきたら、歯肉と接触する床の裏側の部分にあたりをやわらげる材料を使って粘膜を保護する処置をします。これを粘膜調整と言います。義歯は快適に使えることが大事なことなので、少しでも不具合があれば早めに調整に行って下さい。