歯の喪失から起こる全身疾患

投稿日:2017年3月15日

カテゴリ:すぎもと歯科BLOG 歯科助手・受付BLOG

歯の喪失によって全身の健康が損なわれることは、多くの方の常識になりつつあります。
「抜かない」「削らない」「痛くない」を実現し、一生涯にわたって自分の歯を保つために必要なのは、予防です。忙しいとどうしても歯のお手入れは後回しになりがちです。磨いているつもり、綺麗にしているつもりでも、取り除けなかったプラーク(汚れ)があなたの歯にダメージを与え続けているかもしれません。
私たちは患者さんの大切な歯を削ったり、抜いたりしたくありません。これから起こるかもしれない患者さんのお口のトラブルを未然に防ぎ、健康な未来をつくっていきたいと考えます。トラブルが起こる前の定期検診、それこそが、健康な歯を保つために今できることではないでしょうか。