北欧型歯周治療 フィンランドの予防歯科 篠崎   歯科

投稿日:2017年2月22日

カテゴリ:ドクターズBLOG

当院では毎月1回 日本デンタルスタッフ学院の田中先生に来てもらい
北欧型歯周治療を学んでいます。
今日がその勉強会の日でした

予防大国フィンランドでの80歳の残存歯は約25本(成人の歯は28本)です。
対して日本では80歳で約6本と相当低い数値となっています。
いかにフィンランドが歯に対して強い関心を持っているのかがわかるお話です。

しかしそこに驚愕の真実が隠されています。

皆さんは1日に何回ぐらい歯を磨きますか?
日本人の平均回数は2.4回です。意外と多いですよね。
ではフィンランド・・・?

なんと0・9回と1日1回程度の歯磨きなのです。
それで日本人より残る歯が多いのです!

その理由は”除菌”にあります。
女性がお腹に新しい生命を宿した時から、徹底的に口腔衛生環境を整え始めます。
つまりフィンランドでは生まれる前から予防に取り組んでいるのです。
ですからお口の中が虫歯になりにくい環境となっているのです。

キーワードは除菌です