甘いけど食べても問題ない?! 篠崎 歯科

投稿日:2016年10月17日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは。

秋も深まり、食べ物がおいしい時期ですね。食べ物が好きな私にとってはとってもいい時期です。秋といえば栗やサツマイモ、かぼちゃを使ったスイーツがよくスーパーでも売られていますよね。

このスイーツにはたくさんの砂糖が入っています。よく『甘いものばかり食べていると、虫歯になっちゃうよ』と言われたことはありませんか?そうなんです、お砂糖(糖分)はお口の中の虫歯菌が食べてしまうと酸が出て歯を溶かしてしまうのです。この状態から歯磨きを怠ってしまうと虫歯になってしまいます。

でもすぐには磨けないっていう時もありますよね?そんな時に大活躍なのがタブレットやガムです。ただのガムやタブレットではなくキシリトールが100%のものです。キシリトールは甘味炭水化物の一種です。化学式は皆さんが食べている砂糖(ショ糖)と似ていますが、キシリトールには再石灰化を促す効果あるのです。なぜかというと虫歯菌は砂糖を食べると酸を発生させるのですが、キシリトールを虫歯菌が食べると機能を失ってしまいます。だから、虫歯を防ぐ効果があるんです!

キシリトール100%のものは歯科でしか販売していません!

皆さんも普段からキシリトールを取り入れてみませんか?