スマイルデンチャーとは

投稿日:2016年9月22日

カテゴリ:すぎもと歯科BLOG

口の中に付けたとき、金属が見えないようにする入れ歯です。ノンクラスプデンチャーと呼ばれることもあります。部分入れ歯は残っている歯に金属のフックをかけて入れ歯が動かないようにします。しかし、フックは金属でスマイルデンチャーは部分入れ歯の金属を歯や歯茎と同じ色にすることによって、笑った作るために、見た目にはいいのもではありません。そこでフックの部分を目立たなく歯や歯茎の色に合わせたものがスマイルデンチャーです。

入れ歯の金属がないため入れ歯だと気づかれにくい

スマイルデンチャーのフックは歯や歯茎の色に合わせて作るため、大きな口で笑っても入れ歯が入っていることには気づかれません。歯茎の色に合わせたフック自体も歯の根元に添わせるために段差もほとんど目立ちません。

透明感があり歯茎に馴染んでいる

スマイルデンチャーのプラスチックは透明感があり、柔らかくしなりのある材質です。そのため歯茎に色が馴染み口元が綺麗に見えます。

入れ歯を薄くできるため違和感が少ない

スマイルデンチャーは保険の入れ歯に比べ強度と柔軟性があるために、薄く作ることができます。そのため違和感が少なく、使いやすい入れ歯となります。