定期検診の必要性 篠崎 歯科

投稿日:2016年4月10日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさんこんにちは!
最近暖かい日が増えてまいりましたが、皆さん体調管理の方はいかがですか?
ちょっと前までは桜が見ごろのシーズンもあり、冷え込んだ日もありました。花粉症の方にはまだまだ油断できない時期かもしれませんが、気温差が大きいほど体調管理も難しくなり体調を崩すとお口の中も今まで何ともなかった所に症状を感じやすく痛い思いをされる方もいます。
皆さんはそんな経験はありませんか?!

また、この季節、学校検診などで虫歯で引っかかり来院される方が増えますが、あなたは定期的に歯科での検診は受けたことはありますか?

歯医者は何かあってから行くところという風に思われてる方も多いと思いますが、実はそうではないんです!
歯というのは普段から唾液の性質により脱灰と再石灰化(一度歯の表面のミネラルが失われ、時間をおくと失われたミネラルが補われる)とを繰り返しています。そのため普段から歯は虫歯になりやすい状態となっています。それを予防してくれるのが歯ブラシやフロス、歯間ブラシなどでしっかり汚れを残さないようにセルフケアをしっかりすることです。
ですが、ご自身で磨けないところももちろん存在します。なので定期的に歯医者さんで磨きにくいところこそしっかりケアできる方法を学ぶことが重要となります!そのためにも何かあってから行くのでは歯の寿命も短くしてしまいしっかりとケアを続けていればその寿命も長くすることも可能にできるのです。
すぎもと歯科では、一人ひとりにあわせたセルフケアの方法をご提供するだけでなく、その方に合わせたお掃除の方法や虫歯や歯周病の原因菌を調べて予防するコースをご提供させていただいております。ぜひ一度お越し下さいませ。