ギリギリ……夜中に響く音 篠崎 歯科

投稿日:2016年3月21日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

みなさんこんばんは。

いつもおしごと頑張っている方、学校の勉強に励んでいる学生さんもストレスためていませんか?日本はストレス社会っていわれていますよね。ストレスはお口の環境にも大きく影響してくるのをご存知ですか?

本日は、ストレスが大きな原因となる歯ぎしりについてお話ししたいと思います。歯ぎしりには種類が三つあります。「タッピング」「クラウチング」「グラインディング」です。「タッピング」は歯を打ち鳴らすタイプの歯ぎしり。「クラウチング」は上下の歯を強く噛み締めて音はなりません。最後の「グラインディング」は最も多くみられるもので、上下の歯を擦り合わせ、ギリギリと音を鳴らす種類です。歯ぎしりはご自分の歯がすり減り、エナメル質が破壊され、知覚過敏や肩こりの原因にもなります。

予防法としてはマウスピースを睡眠中に装着して歯ぎしりを防ぐ方法があります。よくドラッグストアにもマウスピースは販売されていますが、効率よく治すためにはご自身に合ったマウスピースを作成しなければ意味はありません。もしも、歯ぎしりでお悩みの方は是非すぎもと歯科へいらしてください。