歯根を分割して抜歯をする処置 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2016年3月16日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

部分的に抜歯をして出来るだけ歯をのこします。

歯は一度でも削ると元には戻りません。そこでお口の健康を考えて抜歯をするときは歯の健全な部分をできるだけ残せるように治療をします。歯根分割とは、下の奥歯の根の分かれ目に病変があるときに行います。大臼歯一本を二つの臼歯にすることから小臼歯化といいます。分割抜歯とは、臼歯の根は複数ありあす。ねのどこかに病変があるときは、健全な根を守るために根を分割して悪くなった根だけを抜歯します。抜歯しをしたら、歯茎の状態が良くなるのをまち回復したら、半分残った歯隣のは支えてブリッジを被せます。ブリッジを被せることで噛めるようになりますが、きちんしたブラッシングと定期検診でチェックしてもらことがとても重要なのです。