痛みの感じ方は、個人差が大きい

投稿日:2015年5月31日

カテゴリ:ドクターズBLOG

 こんにちは、すぎもと歯科の一條です。

ここのところ地震や火山活動で、落ち着かない日々が続きますね。どうぞ、防災対策を意識して、お過ごしください。

 さて、今日は個人差についての話です。

 たとえば、お口の中の歯石をとるとき、超音波の振動の機械を使うのですが、患者様のなかには気持ちがいいと言われる方もおられれば、痛いから麻酔をして欲しいとおっしゃる方も。また、同じように歯を抜いたのに、4~5日痛み止めが手放せない方もいれば、一度も痛み止めを飲まずに済む方もいらっしゃいます。これだけ、痛みの感じ方は個人差が大きいようです。

 歯科治療に対する、”こわがり”という面でも、これは言えまして、歯を削っているあいだ、身体をこわばらせている方がいれば、熟睡してイビキをかかれる方も。

 すぎもと歯科では、患者様、個々のご様子に合わせて、少しでも心地よさが増すよう、スッタフ一同、心を配って診療にあたっておりますので、心よりご来院をお待ちしております。