歯髄の大切さ 篠崎 歯科医院 すぎもと歯科

投稿日:2015年5月30日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんの中には、虫歯の治療で歯の歯髄を取った経験のある方はいらっしゃるでしょうか??

歯髄は、私達の歯に栄養や酸素を運ぶ血管と神経などが集まった組織です。刺激にとても敏感で、外からの力や治療に使われた薬剤の刺激、虫歯の進行などによって炎症をおこします。

歯髄へのダメージから歯を救うためには、炎症を起こしている歯髄を取り除く処置、いわゆる抜髄が必要になります。これが、先生の言う「神経を取りましょう。」という事なのです!

歯髄を取った歯は、栄養が行き届かなくなりとても脆くなります。永久歯の歯髄を取るほど勿体ない事はないと思いませんか!?

たかが虫歯治療と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お口の健康は身体の健康に直結します。

歯にお痛みが出てからでは手遅れになるかもしれません…健康な歯でいつまでも美味しくお食事を楽しめるように、自分の歯は自分で守って行きましょう!!

お痛みが出ないうちに、ぜひ定期健診へ足を運んで下さいね!