咬合性外傷による歯の痛み

投稿日:2015年3月18日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんにちは。最近、昼と夜の温度差が有り、体調に気をつけないといけないなと思います。

咬合性外傷について簡単にお話したいと思います。ブリッジを入れていて、噛むと歯が揺れて痛くなった事がある人もいると思います。抜いた後、無い部分をアル歯で支えている為、噛む事により支えている歯に負担がかかります。その為、時間をかけて歯を支えている骨が破壊され歯周病にもなる原因の一つでもあります。噛むことでブリッジが揺れることにとり、支えて歯が痛くなりその歯も駄目になりどんどん歯を失っていく事になります。それだけではなく、ブリッジは歯磨きがしにくく、普通の歯ブラシだけではプラーク除去が難しいので、ワンタフトシステマなども一緒に使うと磨きやすくなり、プラークも除去しやすくなります。