歯科の治療中断がよくない理由

投稿日:2015年2月5日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さん、こんばんは。

まだまだ寒い毎日ですね、風邪を引かないように、暖かくしてお過ごしてくださいね。

では、歯科の治療中断がよくない理由についてお話をさせていただきたいと思います。

歯科の治療には、患者さんが中断しやすい場面があります。どんなときに中断したくなるか、その場面と中断した結果の危険性を知っておきましょう。

痛みが激しい時は、まずその炎症を鎮める処置をします。痛みが消えてから実際の治療は始まりますが、中断すればまた同じような状態に戻ります。

仮歯をいれると見た目も元に戻って、日常的に不自由しなくなりますが、仮歯は仮止めしてあるだけの弱い歯ですから簡単に剥がれます。また中断後、再度治療を開始したときには、自分の歯は最初の時以上に悪くなり削られることが多いです。

神経治療の中断は最も危険な結果になります。根の治療は繊細な処置を繰り返し、細菌が根の中で繁殖しないようにします。途中で止めると、炎症の悪化や用意した被せ物が合わなくなるなどトラブルが起き、結果的に歯を残すことができなくなってしまいます。

一生自分の歯でお過ごすことができるように、ぜひ歯の治療は最後までお受けください。

■ 他の記事を読む■