歯周病・歯周内科

時間のかかる歯周病治療を短期間で治す「最新の歯周内科治療」

歯周病

歯周病の治療は歯科治療の中でも大変時間のかかる治療の一つで、歯科医院への通院回数の多さ、ホームケアの徹底、外科的処置など患者様への負担の多さが原因でなかなか完治しづらい病気です。

すぎもと歯科では、こういった患者様の負担を少なくする「最新の歯周内科治療」をいち早く導入しております。

日本人の80%が歯周病。まず、歯周病の原因を知ろう

歯周病日本人の80%が歯周病と言われていることをご存知でしたか?

歯周病はサイレントキラーと呼ばれるほど自覚症状がなく進んでいく病気で、進行が進むと歯ぐ きを痩せさせ、アゴの骨を溶かし、抜歯の原因No.1となるとっても恐ろしい病気です。

しかし、なんと8割の人が歯周病にかかっています。

歯周病は感染症。原因は「細菌感染」です。

歯垢の固まりのバイオフィルムにはカビ菌(カンジタ菌)など1億個の細菌が!

カンジタ菌歯垢(プラーク)の固まりが成長、成熟し、バイオフィルムと呼びれるものになります。それが再石灰化して歯石になります。

そのバイオフィルムの中にはなんと1億個もの細菌が住み着いており、中にはカンジタ菌と呼ばれるカビ菌が存在します。

このカビ菌が虫歯や歯周病の大きな原因となるのですが、歯周病が完治しにくい原因はこの細菌が退治しにくいことが理由の一つに挙げられます。

従来の歯周病治療では、細菌除去が難しい

従来の歯周病治療は、歯石取りや歯周外科治療などが挙げられますが、どれも原因菌ではなく、すでに出来ているバイオフィルムや歯石を除去するのみで、根本であるお口全体の細菌を除去するものではありませんでした。

そのため、軽度~中度の歯周病であれば従来の治療で治りますが、重度の歯周病はなかなか治りづらいもので何年も通院してもなかなか完治しないという根気のいるものでした。

歯周内科治療は、「お薬で原因菌を退治する歯周病治療法」

歯周内科

そこで、最新の歯周病治療が開発されました。「歯周内科治療」と呼ばれるもので、歯周内科治療は、患者様の唾液を採取し、位相差顕微鏡と呼ばれる特殊顕微鏡で唾液内の細菌を調べ、その細菌の種類、数に応じた最適なお薬(抗生剤、抗菌剤)を処方し患者様に飲んでいただきながら原因菌を減らしていくという方法です。

歯周病症例

▼歯周内科治療の流れ

歯周内科顕微鏡による唾液内の細菌検査、お薬の処方、ホームケア、歯のクリーニングの流れで歯周病を完治させていきます。

痛みもなく、何度も通院したりすることはなく、患者様に非常に負担の少ない治療方法であると言えます。

一般的な歯周病治療法

下記の歯周病治療法は有効ではありますが、ホームケアが不十分であったり、原因菌が多く住み着いている場合などは有効でない場合があります。

▼歯のクリーニング(軽度歯周病が対象)

歯のクリーニング歯石取りをしたり、歯の表面にこびりついたバイオフィルムを磨いて除去する方法です。

いわゆる歯のクリーニングと呼ばれるもので、定期健診の際に行なうお手軽なものです。

▼ルートプレーニング(中度歯周病が対象)

ルートプレーニングルートプレーニングとは、歯ぐきの中にある汚染された根面セメントや象牙質を取り除き、根面を固く、滑らかにすることです。

根面を固く滑らかにすることで、歯ぐきの再付着を促し、歯周炎を予防します。

痛みを伴うことが多いので、麻酔をして処置することになります。

▼歯周外科(重度歯周病が対象)

歯周外科

骨が溶け出している場合など重度に進行した歯周病治療に用いられます。麻酔後に歯ぐきを切開して深い部分の歯石など汚れを除去する方法です。必要があれば人工骨や、エムドゲインゲルなどを用い、歯周再生療法として行うこともあります。